スタッフブログ

食洗機の取り替えタイミングとお手入れ方法

記事掲載日:

食洗機の取り替え目安は10年ほどとなっています。
この時期を超えると故障や不具合が増えてきます。
今では家事に欠かせない設備ですので、完全に壊れてしまう前に取り替えておきましょう!

食洗機取り替えのサインは?

冒頭でも触れましたが食洗機の寿命は約10年となっておりこの時期を過ぎると、
 ・修理部品の供給が終わって、修理が出来ない。
 ・食洗機から水漏れが発生した。
 ・度々、エラーコードが表示される。
 ・食器の汚れがキレイに落ちなくなってきた。

 ・食洗機を動かすと以前より大きな音がするようになった。
などの症状、状態が見られるようになります。

問題無く動いていても、急に故障して動かなくなる事もありますので、設置後10年を過ぎた食洗機は修理よりも取り替えを検討した方が良いでしょう。

また、2009年4月以降に製造されたビルトイン食洗機は「特定保守製品」となっており、設置後10年目にメーカーによる点検が必須となっていますので、ご注意ください。

少しでも長持ちさせるためには

食洗機を少しでも長持ちさせる場合は、他の設備と同様に日々のメンテナンスが必要となります。

・食洗機に入れる前に簡単に汚れを洗い流しておく

食べかすなどが食器に残ったままだと、汚れが残っていたりします。
魚の骨など大きな物が残っていると、フィルターに詰まりやヒーターの焦げ付きへと繋がります。

・使用後は乾燥・ゴミ取りを行っておく

使用後の食洗機内部は高温多湿となっており、カビが発生しやすくなっています。
最近の食洗機は「乾燥機能」が付いたものもありますので、この機能を使ってカビの繁殖を抑えましょう。
乾燥機能が無い場合は、使用後に布巾で拭いて水気を取っておくと良いです。
併せて、残材フィルタ―やヒーター部分周辺にゴミが落ちている場合は使用時に取り除いておきましょう。

・食洗機内を定期的に掃除しておく

食洗機は使用後のお手入れでだけでなく、定期的な清掃も必要となってきます。
目に見えない部分にカビなどが発生する事もあるので、月に1回程度はしっかりと掃除をしましょう。
機種によっては使用する洗剤や洗い方に気を付けなければいけないものもあります。
場合によっては故障に直結する事もありますので、掃除を行う際は説明書をよく読んで行ってください。

 

このような手入れをする事で食洗機の性能もしっかりと生かすことが出来ます!
ただし、少し長持ちをするといっても、目に見えて食洗機の寿命が延びるほどでは無いので、いずれは食洗機の取り替えが必要となります。


電話・メールでのお問い合わせ先
フリーダイヤル: 0120-254-658(受付時間8:30~18:00)
アドレス:homesupport@yamane-m.co.jp
その他修理依頼なども受け付けていますので、こちらのページからご相談下さい!