メンテナンス通信

玄関の鍵で防犯対策

記事掲載日:

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。

先日、玄関の鍵でちょっとした事件がありました。

お客様が玄関ドアに鍵を差し込んで回そうとしたところ、なんと鍵の先端部分が折れて、鍵穴の中に残ってしまっ

たとのこと。

分解して・・・

折れた部分は無事回収できました。

このお客様は新たに合鍵を作成するということになりましたが、最近はピッキング対策として、鍵自体をディンプルキーに交換する、という方法もあります。

普通の鍵は先端が尖っていて、側面がギザギザしているのに対して、ディンプルキーは鍵の先端が丸く、表面に大小のくぼみが空いているのが特徴です。

ディンプルキーの最大のメリットは防犯性の高さです。
内部の構造が複雑なため、従来のピッキングでは開けることが困難です。

こういった防犯対策のご要望にもお応えしますので、気になる方は是非ご相談くださいませ。