メンテナンス通信

洗面台の水漏れ

記事掲載日:

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。

年末に水廻りの自主点検についてお話ししましたが、今日は洗面台の水漏れの実例です。

 

先日、築25年以上経ったお宅のお客様から、洗面台から水漏れをしていると連絡がありました。

私が伺った時には、中を片付けて掃除されていましたが、水漏れで底板が傷んでしまっている状態でした。

そのため、年数も経っていることだし・・・と、洗面台の取り替えをおこなうことになりました。

まずは古い洗面台を取り外して・・・

下台から取付します。

もしも次に水漏れしても傷みにくいよう、キャビネットはホーロー製の洗面台をお選びいただきました。

次にミラー部分を取付します。

元の洗面台が3面鏡だったので、同じような3面鏡をお選びいただきました。

これで完成です。

元の洗面台もそうでしたが、水栓金具が壁面に付いているので、水を出し止めする際の水がボウルの中に自然に落ちていきます。

そのため、水栓金具の根元に水アカがつきにくく、おすすめの洗面台です。

取り替えにかかる時間は2~3時間、費用は今回の場合、約20万円でした。

(お選びいただく洗面台や工事内容によって違います)

 

今回は洗面台の水漏れでしたが、キッチンの水漏れによってキッチンの取り替えや、床の貼り替えなど大きな工事になってしまうこともあります。

たかが水漏れ、かもしれませんが、放っておくと大変なことになるかもしれません。

何かおかしいなと思ったら、弊社にご相談ください。