メンテナンス通信

レースの取り替え

記事掲載日:

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。

先日、カーテンのレースが破れてしまって・・・と新築後24年のOBのお客様から連絡がありました。

早速伺うと、

こんな悲惨な状態に・・・。

冬に窓が凍結してレースがガラスにくっついてしまった際に、安易に引っ張ってしまったんだそうです。

8年前にカーテンを取り替えしたので、ドレープ(厚手の生地)はまだキレイです。

なので、今回はレースのみ、取り替えることとなりました。

では、どんな生地にしようかなとよく見ると・・・。

この生地は今も残っているかも。

調べたら、現在も継続している生地でした。

8年前にいろいろ悩みながらも、気に入ってお選びいただいた生地なので、

今回も同じ生地で作り直すこととなりました。

そして、お電話いただいてから2週間後、新しいレースに取り替え完了しました。

 

レースのカーテンは、日中、日が当たる時間にかけています。

直射日光が当たるので、繊維の劣化や変色がおこりやすいのです。

今回のケースは、窓ガラスが凍結したことがカーテンの傷みの原因でしたが、

長くカーテンをかけていると、一見、傷んでいないように見えても、

繊維の劣化により、洗濯をきっかけに生地が裂けてしまうこともあります。

そうなってしまうと、生地の寿命とお考えいただき、カーテンの取り替えをおすすめします。

1窓からでも大丈夫ですよ。

是非、ご相談くださいね。