メンテナンス通信

忙しい時に食器洗浄機も壊れます

記事掲載日:

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。

忙しい時に、食器洗浄機やIHヒーターなど、キッチン廻りの電化製品が壊れると大変ですよね。

でも、このたびの年末年始も、よく壊れました・・・。

何故、年末で慌ただしい時にどれもこれも壊れるんだろう、と思うくらいに次から次へと。

お客様から「毎日使うものだから、すぐ直して!」とお電話いただくのですが、

年末年始だと部品も入手できないし、職人さんもお休みだし、なかなかすぐには直らないのです。

 

新築後12年経ったお客様のお宅でも、年末、食器洗浄機が動かなくなってしまいました。

最初は修理しようかと思われたようですが、修理するにもお金がかかるし、

それならもう12年経っているのだから、新しいものに取り替えます!と即決いただきました。

何とか年末ギリギリに商品を発注し、お正月明けの土曜日にすぐに取替。

しかし、実は食器洗浄機本体は何とかすぐに手に入ったのですが、

前面のパネルは入手まで時間がかかるということで、

一旦、この状態で使っていただくことになりました。

取替の場合、食器洗浄機の扉はこういうグレーのパネルになっています。

そして、パネルが入荷した先月末、ようやく取付して、こんな感じに仕上がりました。

キッチンの扉は木目なのですが、パネルは同じ色がなかったので、

似たようなこげ茶の無地をお選びいただきました。

違う表面材・違う色の組み合わせなのですが、違和感なく仕上がったと思います。

 

先日のお湯が出なくて困ったお客様と一緒で、毎日使う食器洗浄機も壊れたら大変です。

こういった機器類というのは、ある程度の年数が経っていると替え時、というのがあるのかもしれませんね。

お宅の食器洗浄機は大丈夫ですか??