サービス案内

Miele製食器洗い機の特徴をご紹介

記事掲載日:

今では、生活に欠かせなくなった食器洗い機ですが、
「もっと大きければ、便利なのに」と感じる方もいると思います。
そこで、今回は「Mieleの食器洗い機」についてご紹介をしていきます。

 

Miele製食器洗い機の特徴「フロントオープン」

国内メーカーでは引き出すことで開く「スライドオープンタイプ」が主流となっていますが、
Mieleの食器洗い機は前に倒して開く「フロントオープンタイプ」となっています。

「フロントオープンタイプ」の特徴として、同サイズの「スライドオープンタイプ」に比べ容量が多く、鍋などの大きなものでも食器洗い機で洗うことが出来ます。

普段、「スライドオープンタイプ」に慣れているご家族の多い方などでも、フロントオープンの方が楽に感じるかもしれません。

 

Mieleの食器洗い機その他のポイント

・優れた耐久性
Mieleの食洗機は大きな特徴の一つが「耐用年数」です。
製品寿命としては20年の使用を想定して製造されています。
もし故障したとしても、全国のサービス店で迅速にアフターサービス対応ができるようになっています。

・ 消費水量は6.5 L
Mieleの食器洗い機はセンサーウォッシュプログラムを搭載しており、消費水量は過去30年間で85 %削減され、わずか6.5 Lとなっています。
これは、シンクに水を溜めて洗う場合に比べても大幅に少ない量となっています。
また、エコプログラムで使用した場合、消費電力量もわずか0.83 kWhとなります。
(※モデルにより異なります)

・理想的な食器の乾燥手段「オートオープン乾燥」
Mieleの食器洗い機は洗浄後、ドアが自動的に数cm程開き自然乾燥状態となります。
従来の温風乾燥に比べて食器を傷つけ難く、乾燥工程で発生する蒸気特有の臭いが少ない点もポイントです。

食器洗い機の特徴はまだまだあります。詳しくは「Miele」の公式ホームページをご覧ください。
https://www.miele.co.jp/


電話・メールでのお問い合わせ先
フリーダイヤル: 0120-254-658(受付時間8:30~18:00)
アドレス:homesupport@yamane-m.co.jp

「食洗器の取替について詳しく聞きたい」「キッチンに合うサイズが分からない」
など気になる事があれば、こちらのページからご質問下さい。

次の記事へ 前の記事へ
?>