サービス案内

建具調整のご案内

記事掲載日:

「お部屋のドアや窓が閉まりにくくなった」などの症状で生活に不便を感じる事は無いでしょうか。

日々の中で頻繁に使用する箇所ですので、ドアの各部品が劣化し壊れてしまっていたり、
ドアの下のレール部分にほこりなどが溜まり滑りにくくなってしまいます。

そこで、今回はお部屋の建具調整工事をご紹介していきます。

建具とは

「ドアや障子、クローゼットの折れ戸などお部屋同士や外部との仕切りとなる部分」
と言えば、イメージしやすいでしょうか?

実際の作業をご紹介

今回は築35年のお宅の玄関引戸の修理をおこないました。
色が随分と褪せてしまっていますが、造り付けの木製引戸です。

築35年ですから、お客様もご高齢なため、毎日の開け閉めに苦労されていました。
御影石の敷居はくるい等は無いようでしたが、引戸自体の滑りは悪くなり、かなり重くなっていました。

そこで、今回は引戸の戸車という部品の交換をして、傾きや隙間の調整をおこないました。

すると、今まで重かった引戸がするすると軽やかにになり、力を入れなくても楽に開け閉めが出来るようになりました。
ご家族の方も今までと同じ調子で力を入れて開けようとして、あまりの軽さにびっくりされたとか。

小さな修理となりましたが、これで毎日の生活が少しでも快適になりますね♪
工事も数カ所程度で有れば半日~1日で終わりますので、気になっている部分がありましたらお気軽にご相談ください。


電話・メールでのお問い合わせ先
フリーダイヤル: 0120-254-658(受付時間8:30~18:00)
アドレス:homesupport@yamane-m.co.jp

「窓の鍵が外れてしまった」「ドアの部品が壊れてしまった」など気になる事があれば、こちらのページからご質問下さい!
その他修理依頼なども受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

?>