サービス案内

子供部屋の間仕切り工事【このふし】

記事掲載日:

新型コロナウイルスの影響で、自宅でのテレワークやオンライン授業等、お家で過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか? そんな生活の中で「仕事中は一人で集中できる空間が欲しい」「子供だけで勉強できる部屋が欲しい」といった事を思う機会も増えていると思います。

そこで、今回はお部屋を分けることが出来る、間仕切りの取付工事をご紹介していきます。

 

実際の工事をご紹介!

先日、続き間になっている子ども部屋に、間仕切りを取り付ける工事を行いました。
将来、子どもが巣立った時にもう一度、一つの広い部屋として使うことも想定して、
いつでも開閉できる折戸の間仕切りをお選びいただきました。

お部屋の幅は3m以上、天井近くまで高さのある折戸でしたので、
圧迫感を与えないよう、白色の折戸にしました。

折戸などの扉で部屋を仕切った場合、壁などと違い簡単に開閉ができますので、
普段からよく使うお部屋などにもおすすめの方法です。

間仕切りも様々です

間仕切りにも生活スタイル、用途に合った色々な方法があります・・・

①折戸や引戸などの扉で仕切る

②壁を新たに造って仕切る

③アコーディオンカーテンやロールスクリーンなどで仕切る

④置き家具で仕切る

など、いくつかの方法が考えられ、それぞれメリット・デメリットもあります。

その空間の広さや高さによっても適した方法も変わってきます。
「この時期に間仕切りを・・・」とお考えの方はお気軽にお問い合わせください♪

購入後より工事完成までの流れ

1. オンラインでご注文
2. 現地にて取付確認(請負契約書締結・工事日決定) ※費用の増減あれば現金にて返却いたします。
3. 工事着工
4. 完成

工事内容

1. 木下地造作
2. クロス下地造
3. クロス工事
4. 巾木造作工事
5. 産業廃棄物処理

ご注文(商品代、工事費込)

本商品についてのお問い合わせはこちら

?>