スタッフブログ

宅配ボックス設置のメリットとデメリットについて

記事掲載日:

共働き世帯やネットショップ利用が増加と共に、宅配ボックスを設置する方が増えています。
「急な予定が入って荷物が受け取れない」「育児や家事で手が離せない」など
そんな時に宅配ボックスがあると思うと、便利では無いでしょうか?

宅配ボックスにも様々な商品があるため、「どれがいいのか分からない」と悩んでいる方も多いと思います。
生活スタイルや周辺の環境に合ったものを選び、いつでも安心して荷物の受け取りが出来るように、
今回は宅配ボックスの設置に関わるメリットとデメリットをご紹介します!

宅配ボックスのメリットとデメリットは?


メリット

①不在時でも荷物の受け取りが可能

宅配ボックスを設置する理由として1番多いのは、やはりいつでも荷物の受け取りができるからでしょう。
「仕事が不定期で家にいる時間が読めない」「長時間家を空けるが急な荷物が来るかもしれない」
と言った方でも、玄関に取り付けておけば、いつでも荷物の受け取りが出来るようになります!

②対面で受け渡しをする機会が減少する

コロナ禍のこのご時世では特に、受け取り手側・配達員側が共に細心の注意を払う必要があります。
宅配ボックスがあれば対面で渡す機会も減るため、それぞれが安心して荷物の受け渡しが出来ます。

③防犯対策となる

特に「女性の一人暮らし」「親が共働きで子供が留守番をしている事が多い家庭」は、
配達員を装った不審者による犯罪被害の標的にされやすいようです。
宅配ボックスを設置するとこのような不審者による犯罪を防ぐメリットもあります。

 

デメリット

①荷物が盗難される可能性が有る

設置にあたり、多くの方が不安に思うのは荷物が盗難あうことではないでしょうか?
宅配ボックスにも様々な素材・設置方法のものがあるため、一概には言い切れませんが、
工事が不要な「簡易設置タイプ」のものは宅配ボックスごと盗難される可能性も有ります。
ただし、しっかりと基礎に埋め込むタイプの物であれば荷物が盗難にあうことはほとんど無いです。

②宅配会社・内容物によっては対応してもらえない事も

宅配会社のルールや荷物の内容物によっては直接の受け渡しでなければいけない荷物もあります。
例えば、代引きの荷物であったり冷凍食品類は基本的に直接の受け渡しが必要となります。

③複数の荷物は受け取れない事も

宅配ボックスの多くは一度、荷物を入れるとロックが掛かる仕様となっています。
そのため、複数の荷物を入れようとしても2つ目以降の荷物を入れる事が出来ないといった事態となります。


電話・メールでのお問い合わせ先
フリーダイヤル: 0120-254-658(受付時間8:30~18:00)
アドレス:homesupport@yamane-m.co.jp

「どのような宅配ボックスがあるのか知りたい」など気になる事があれば、こちらからご質問下さい!
その他修理依頼なども受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。