スタッフブログ

お風呂のメンテナンス時期についてお知らせ

記事掲載日:

今回は、「お風呂に関連した部品や設備」の交換目安についてご紹介をします。
「理想の交換タイミングや交換時のサインが分からない」といった方はぜひ、ご参考にしてください!

 

浴槽排水栓・・・設置後10年程

近年、普及しているユニットバスはポップアップ式(ボタンやレバーを押すと動く)水栓が主流です。
このような排水栓は10年程使用していると、ボタンが固くなり動きが悪くなっていきます。
その他「栓がしっかりと閉まらない」や「排水の流れが悪くなる」などの症状が見られるようになります。
10年を過ぎると部品の供給が終わる場合もありますので、設置後10年を目安に取替をおすすめしています。

 

浴室換気扇・・・設置後10年程

浴室換気扇も排水栓同様に10年程が取り替えの目安となります。
「換気扇を動かすと異音がする」「室内をしっかりと換気出来ない」といった症状が目安となります。
症状によっては、しっかりとクリーニングをする事で解決する可能性も有ります。
しかし、10年程経つと換気扇自体の交換を視野に入れて考えて頂く方が良いかと思います。

 

エコキュート、電気温水器・・・設置後15~20年


エコキュートや電気温水器は壊れてしまうと、取替えが完了がするまでお湯が使えなくなります。
さらに、時期によっては商品の取り寄せ~取り替えまで半月程かかる場合もあります。
もし、壊れる前に取り替えを行えば、お湯が使えない期間は半日~1日で済みますので、
「給湯機リモコンにエラー表示が増えた」「お湯が中々出ない事がある」
といったような症状があった場合は、ぜひ一度ご相談下さい。

 

紹介をさせて頂いている部分以外にも交換やメンテナンスが必要なものは他にもあります。
山根木材では、浴室を含めたハウスクリーニングも承っております。


電話・メールでのお問い合わせ先
フリーダイヤル: 0120-254-658(受付時間8:30~18:00)
アドレス:homesupport@yamane-m.co.jp

「お風呂のその他部品のメンテナンス」について気になる事があれば、こちらのページからご相談下さい!
その他修理依頼なども受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

次の記事へ 前の記事へ