メンテナンス通信

夏の暑さ対策に

記事掲載日:

山根木材メンテナンスサービスの中村智恵です。

6月に入り、これからはムシムシした梅雨、そして暑い夏がやってきますね。

そんな暑い夏の対策に、先日はOBのお客様のお宅のベランダの掃き出し窓に、外付けの日よけを取付する工事をおこないました。

工事前がこれ。普通のベランダです。

こちらが工事後の写真です。

落ち着いた外観に合うように、シックなベージュの生地をお選びいただきました。

こちらは、生地を巻き上げしたときの写真です。

不要な時は、ロールスクリーンみたいに簡単に巻き上げすることができます。

 

夏場、室内に入ってくる熱の70%は窓からだそうです。

もちろん、カーテンでも日差しをカットすることはできますが、太陽の熱の45%しかカットできないんだとか。

それに対して、外付けの日よけだと、太陽の熱を83%もカットできるというデータもあるようです。

 

日よけを取付することで、

・室内の温度の上昇を抑えることができて、

・紫外線カットで日焼け防止ができて、

・エアコン効率を高めることで節電ができて、

・熱中症予防もできて・・・

といいことづくめですね。

 

取付にかかる工事時間は約1時間くらいです。

お客様曰く、目隠しもできるし、これからの季節には絶対おすすめ!と喜んでいただけました。

これからの夏の暑さ対策の1つにいかがですか?