メンテナンス通信

快適なウッドデッキ

記事掲載日:

今回は、新築後15年程経ったお家のウッドデッキ工事例をご紹介します。
長年の使用や日差しなどにより、ボロボロになってしまったウッドデッキを、
シロアリの心配が無く、掃除やお手入れも簡単な樹脂製のウッドデッキへと取り替える事になりました。

リビングの前につくった大きなウッドデッキなのですが、
年月が経っていることもあり、日に焼け、全体的に木の色褪せが目立ちます。

近づいてみると、木が腐って下に落ちている箇所も・・・。
ウッドデッキに出た途端、床を踏み抜いてしまう危険もあります。
これでは、せっかくの大きなウッドデッキも楽しめませんね。

今回は新築時から15年経ち、お客様自身がご高齢になっていたこともあり、
できるだけ手入れのいらない樹脂製のウッドデッキに取替えることとなりました。

まずは、古いウッドデッキを解体していきます・・・。

古いデッキの解体が終わると・・・

ウッドデッキが傷み難くなるよう、今度はデッキの下に土間コンクリートを打ちます。
ウッドデッキの下が土のままだと、湿気が上がってきやすいのです。

その上に土台となるアルミの部材を組んでいき・・・

樹脂製のウッドデッキを組み立てれば完成です!
樹脂製であれば、腐ったりする心配も無く、塗り替えの手間も要りません。

これから暖かい日差しのもと、ご家族とウッドデッキで楽しく過ごす時間が増えそうですね♪


その他にもお家の事について気になっている方は、こちらのページからご質問下さい!
その他の修理依頼なども受け付けていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話・メールでのお問い合わせ先
フリーダイヤル: 0120-254-658
アドレス:homesupport@yamane-m.co.jp